パンツドレスの購入で気をつけたいこと

結婚式やパーティーなどの冠婚葬祭の場に来ていく女性が増えています。スタイルが良いかたは自信をもって着ることができますし、産後などで体型を隠すこともできます。まわりの女性がみなさんパーティードレスの中、パンツドレスを着ていると人目を惹きます。しかし、間違った着こなしをしていると、会場で浮いてしまう可能性があります。パンツスタイルで失敗しないよう、購入するときに気を付けるポイントはどんなことでしょうか。普段、仕事で着ているパンツスタイルとでは一体何が違うのでしょう?シーンに合わせたコーディネートが必要になってきますし、その着こなしがマナー違反になっていて常識がないと思われないようにしましょう。フォーマルな場での着用なのでショート丈は避けましょう。また、ストレッチがきいているタイプでもきちんと自分に合ったサイズを選びましょう。

結婚式やパーティーでは華やかにしましょう

パンツドレスを購入する店をきちんと選びましょう。同じパンツスタイルでもスーツ専門店とアパレルショップとでは、全く違ってきます。スーツ専門店では、どうしてもビジネス向けのものが多くなります。一方アパレルショップでは、ビジネス用とは素材もデザインも異なります。仕事で着ているパンツスーツでは、会場でスタッフと間違えられる可能性もあります。結婚式や謝恩会などパーティーにふさわしいパンツドレスは、素材がシルクやサテン、ラメが入っていたりとても華やかです。また、女性はアクセサリーやバッグ等の小物を追加することで華やかさがプラスされます。スーツ専門店では無理ですが、アパレルショップでは簡単に一式揃えられます。ビジネス感がないよう、デザインや素材にこだわりましょう。

マナー違反にならないように着こなそう

結婚式で着る華やかなパンツスタイルのドレスを用意しても、小物にファーを使ってはいけません。これは毛皮など殺生を連想させるからです。また、先に申したショート丈も膝が見えてはいけないため、マナー違反となってしまいます。また、お色直しした新婦と同じ色ではいけません。どんなに華やかにしていてもマナー違反で、常識を疑われてしまいます。購入する前に確認できるのであれば、新婦にもお色直しのドレスの色について確認しておきましょう。また、結婚式やパーティーとは逆に、お通夜など葬祭の時には、どんなことに気をつければよいのでしょう。基本的には正装とよばれるアンサンブルを着るかたが多いです。なぜならパンツスタイルは略式とみなされるため、身内のときにはマナー違反だといわれています。しかし、産後の一時的な体型の変化や足が不自由だったり、三回忌以降の法要等、理由がある場合はマナー違反になりません。